スィーツ・お惣菜 アモーレボンボンズ

愛する全てのものたちの健康を考えた誠実な食品

喫茶オリーブ 手作りマヨネーズ

calendar

手作りマヨネーズ

手作りマヨネーズ


簡単過ぎる自家製マヨネーズの勧め!

  • 卵黄
  • 植物油
  • 食塩
  • お好みの香辛料

それだけで無添加の手作りマヨネーズが出来ます。
写真の分量でおよそ200gのマヨネーズが10分ほどで出来上がります。

材料
卵黄2個、植物油 1cup、酢(大)2、好みの香辛料

今回は植物油は製菓にも使用する太白ごま油です。普通のごま油と違い無臭です。お好みの植物油で良いのですよ。オリーブ油を使う時は全量ではなく半分位にしてみてください。オリーブ油でも特にバージンオイルは香りがきつめです。

お酢はワインビネガーやリンゴ酢、レモン汁などお好みでお試しください。まろやかなお味がお好きならリンゴ酢はお勧め。

私は毎回フレンチマスタードと白胡椒、自然塩を使います!

卵黄にマスタードを入れている所

卵黄にマスタードを入れている所

マヨネーズ乳化

核心の作業 植物油を入れて乳化

植物油はたらりたらりと少量ずつボールの端から入れていきます。焦らずに少しずつ入れて行くととろりと乳化していきます。

写真でおわかりの通り私は電動ミキサーを使用しています。もちろんホイッパーでも良いのですが、絶え間なくホイップし続けながら油を端から投入するのは結構気を使います。

電動ミキサーを使う時のルールはパイレックスなどの強化ガラスのボールがお勧めです。酸に強い事が大切なのですがホーローは電動ミキサーでは傷がついてしまいます。ステンレス製はよいのですか電動ミキサーでこすられて灰色になる可能性があり私は避けています。

乳化終了でお酢を入れる?

乳化終了でお酢と塩と胡椒を入れる

後はお好みの塩と胡椒を入れます。私はスペインのイビザという自然塩と白胡椒を使います。イビザは甘みを感じる自然塩です。

サル デ イビザ

サル デ イビザ

何故ここまで手作りのマヨネーズにこだわるのか⁉

食用植物油脂(大豆含む)これってなんでしょうかね?食用なのだから大丈夫な気がしますが人工油と呼ばれるものです。植物由来のサラダ油に水素を添加して油の劣化を防いでいるのです。大量生産で出回る為にはこのような方法を取るのだと思います。食用植物油脂には大量のトランス脂肪酸が含まれています。そらが何を意味するかですが、実は悪玉コレステロールの塊なんですよ。トランス脂肪酸が含まれているのだとしたらあなたは選びますかぁ?海外では肥満の原因とされていますが日本ではまだトランス脂肪酸は規制されていません。

どうぞほんの10分ほどで自家製マヨネーズ出来ますよ。あなたの愛する自分自身と家族の為に安心を

 

 

 

市販マヨネーズの原材料から🈳

市販マヨネーズの原材料

 

 

 

 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




管理人

にしざわちづる

にしざわちづる

パティシエール、愛犬家、(有)まちええる代表取締役。料理マニア、気象マニアでもある。ビール・愛犬mon・夫をこよなく愛する理系女。大切な家族のためにペットと飼い主が分け合って食べられる機能性おやつ、手作りごはんをご提案。現在フランス語と気象予報士資格取得にチャレンジ中。